初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング

初心者ゴルファー向けにおすすめのドライバーをランキング形式で掲載!飛距離がでるドライバー、つかまりが良いスライサー向けドライバーなど、やさしいドライバーなど、初心者向けのドライバーを紹介!

PING ドライバー

PING G425シリーズドライバーの適合ゴルファーは以前と違う

投稿日:

PINGの2020年モデルであるG425シリーズが遂に登場し、ドライバー市場を賑わせています。

3タイプのモデルがある点はこれまでと同様ですが、2年ぶりにMAXモデルが登場しています。

新たなラインナップとなったG425ドライバーについて、これまでのモデルとの比較から適合ゴルファーを解説します。

G425シリーズのラインナップはこれまでと違う

PINGのGシリーズは、ここ数年、スタンダードタイプ、低スピンタイプ、ドロータイプの3種類のヘッドをリリースしています。

殆どのGシリーズが3タイプですが、2017~2018年のG400シリーズに関しては、少しだけラインナップに違いがあります。

  • G400ドライバー
  • G400 LSTドライバー
  • G400 SFTドライバー
  • G400 MAXドライバー

G400シリーズでは、スタンダード、LST、SFTの通常の3タイプをリリースした翌年に、ヘッド体積460ccのG400 MAXドライバーをリリースしています。

そのため、G400シリーズは、通常3タイプ+デカヘッドの1タイプで、4タイプある異例のシリーズとなっています。

その次のG410シリーズでは、スタンダード(PLUS)、LST、SFTの3タイプのリリースに留まったものの、G400 MAXドライバーはアベレージゴルファーを中心に爆発的なヒットとなったため、G410 MAXドライバーの発売を期待する声が高まってたという背景があります。

そして、2020年の新作となるG425シリーズですが、ラインナップは現在のところ3タイプですが、統合を思わせるような内容となっています。

  • G425 MAXドライバー(スタンダードタイプ)
  • G425 LSTドライバー(低スピンタイプ)
  • G425 SFTドライバー(ドロー仕様タイプ)

ここで注目が集まるのは、G425MAXドライバーです。G425のスタンダードタイプという位置づけでありながら、MAXの名が付き、ヘッド体積は460ccです。

これをG400で当てはめて考えると、G400ドライバーとG400 MAXドライバーを統合したようなモデルのように見えます。

G425シリーズのドライバーの適合ゴルファー

G400 G410 G425
G400SFT G410 SFT G425 SFT
G400 MAX
G410 PLUS G425 MAX
G400
G425 LST
G400 LST G410 LST

G400シリーズとG425シリーズには、どちらもMAXと名の付いたモデルがありますが、位置付けが異なります。

G400やG410からの移行を検討する場合、注目したいのは、G400 MAXドライバーのユーザーと、G400ドライバー・G410 PLUSドライバーのユーザーです。

G425 MAXドライバーは、両者の中間的な位置にあるドライバーと言えますので、対象を2つのモデルにして考えると、すんなり移行しやすくなります。

G400 MAXドライバーからの移行

まず、G400 MAXドライバーを使っていたゴルファーは、G425では、G425 MAXドライバーかG425 SFTドライバーの2つが対象となりそうです。

G400 MAXドライバーで物足りなさ、クラブの軽さを感じていた方は、G425 MAXドライバーから検討されることをオススメします。予め把握しておきたい点としては、標準シャフトの装着で、クラブ重量は10g以上重くなります。

G400 MAXドライバーが使いやすかった方は、G425 SFTドライバーから検討されると良いと思います。なお、G425 SFTドライバーは、ロフトスペックは10.5°の1種類となります。

ロフト角の調整機能により、最大幅±1.5°の調整は行えますが、調整機能をあてにするよりも、基本スペックでジャストのもので選ぶことがおすすめです。

G400ドライバー、G410 PLUSドライバーからの移行

G410 PLUSドライバーからの移行は、大いに悩まれる可能性があります。

位置付けからは、スタンダードタイプであるG425 MAXドライバーとなりますが、G425 MAXドライバーは、ヘッドサイズが460ccになっていて、いわゆる大型ヘッドです。

中~上級者の方は、ディープでない460ccヘッドに扱いにくさを感じられる方もいます。

その場合は、425ccのG425 LSTドライバーが候補に挙がってきます。G425のLSTは、G410のLSTよりもつかまりがよく、扱いやすくなってはいますが、低スピン・強弾道で、弾道の高さが抑えられるのが特徴です。

ハードヒッターに好まれるタイプのヘッドですので、ヘッドスピードが甘い早くない方は、打ち出しの高さが課題となるかもしれません。

実際、G410 PLUSを使っていたツアープロは、G425 MAXかG425 LSTかで悩まれているようです。

G425 LSTドライバーとG425 MAXドライバーが早速登場!

 

-PING, ドライバー
-, , ,

関連記事

低重心のドライバーのメリット・デメリット

最近のゴルフクラブは、ドライバーだけでなくアイアンやウェッジでも、低重心設計を採用したモデルが増えています。当記事では低重心のメリット・デメリットについて取り上げます。 目次1 ドライバーは低重心モデ …

SIMグローレをスライサーが試打した結果が興味深い件!スライサーはMグローレも試したい

テーラーメイドからSIMとグローレの融合モデル、「SIMグローレドライバー」が発売されています。 ドローバイアス設計で、スライサー向けのクラブとして注目されていまして、前作のMグローレとの比較が気にな …

【偽物に注意】G425 MAXドライバーの偽物が出回っているようです

ゴルフクラブの偽物・模倣品については、メーカー各社が公式サイトで注意喚起を促していますが、残念ながら日本国内でも多種多様なモデルで出回っているようです。 今回は、PINGの2020・2021年モデルの …

MAVRIKドライバーのシャフト・ロフト角の調整機能について

キャロウェイから発売されているMAVRIKドライバーについて、標準で選択可能なシャフト、ロフト角の調整機能について取り上げます。 マーベリック ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す 激安中古クラブ …

MAVRIK MAXドライバーのスペック・シャフト・発売日・発売価格

キャロウェイから発売のMAVRIK MAXドライバーについて、口コミ・評価をまとめました。 マーベリック マックス ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す 激安中古クラブ市場で探す フェアウェイゴル …