初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング

初心者ゴルファー向けにおすすめのドライバーをランキング形式で掲載!飛距離がでるドライバー、つかまりが良いスライサー向けドライバーなど、やさしいドライバーなど、初心者向けのドライバーを紹介!

「 マジェスティ 」 一覧

マジェスティ プレステジオの11代目ドライバー!特徴・発売日・発売価格!

マジェスティゴルフから発売のマジェスティ プレステジオの11代目ドライバーについて取り上げます。

マジェスティ プレステジオ 11ドライバー

マジェスティプレステジオ11ドライバーは、マジェスティの主要シリーズ、マジェスティプレステジオの11代目のドライバーです。

前作の10代目は2018年に発売されていまして、2年振りのリニューアルとなります。

マジェスティプレステジオの特徴としては、素材・製法に拘った高級感溢れる点が挙げられます。

どこがどうだと野暮なことを言う以前に、持っているだけで意味のある、そんなゴルフクラブです。

11代目は強いドローが出やすい

11代目の特徴として、重心位置が工夫されている点が挙げられます。

まず、上下方向については、重心を下げることで、フェース面上でバックスピンを抑える効果がでやすいエリアが広くなり、低スピンの弾道が出やすくなっています。

そして、左右方向については、重心がヒール寄りになることで、フェース面上でドロー回転が掛かりやすいエリアが広くなり、ドローボールが出やすくなっています。

投影面積が大きく、慣性モーメントもアップ

クラウンは、前作と比べて投影面積が大きく取られていますので、アドレスした時により安心感が得られます。

また、慣性モーメントも左右方向に8%アップしていますので、寛容性が高まっています。

特に打点が左右にばらついてしまう方は、初速の低下、弾道のバラつきが抑えられます。

ロフト角は9.5~12.5°まである

マジェスティプレステジオ11ドライバーのロフト角は、9.5°から12.5°まで1°刻みで4種類あります。

幅広い選択肢がありますので、打ち出しを抑えたい方から高くしたい方まで、幅広く対応しています。

250g台の超軽量ドライバー

マジェスティプレステジオ11ドライバーは、前作ひ引き続き、とても軽量に仕上げられています。

シャフトスペックによりクラブ重量が変わり、251~259gとなっています。

一般的なアベレージゴルファー向けのドライバーが290gぐらいと捉えると、40~50gも軽量になっています。

体力の低下によりスイングスピードが落ちてきた、ヘッドが重たく感じられるという方は、振りやすく、飛距離が出やすくなる可能性があります。

マジェスティ プレステジオ 11ドライバーのスペック・発売日・発売価格

ヘッド

ロフト角(°) 9.5 10.5 11.5 12.5
ライ角(°) 60 60 60 60
プログレッション(mm) 17.6 18.4 19.6 20.5
ヘッド体積(cc) 460 460 460 460

シャフト(MAJESTY LV740)

フレックス R2 R SR S
クラブ長さ(インチ) 47 47 47 47
バランス D1 D2 D3 D4
クラブ重量(g) 251 254 257 259

発売日・発売価格

発売日は、2020年7月10日(金)です。発売価格は、230,000円+税です。