初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング

初心者ゴルファー向けにおすすめのドライバーをランキング形式で掲載!飛距離がでるドライバー、つかまりが良いスライサー向けドライバーなど、やさしいドライバーなど、初心者向けのドライバーを紹介!

「 ドライバー 」 一覧

M6ドライバーの試打・評価・口コミ・スペックまとめ

テーラーメイドから発売されているM6ドライバーについて試打・評価・スペックを取り上げます。

M6ドライバー

テーラーメイドの2019年モデルとして発売されているドライバーは、上級者向けのM5ドライバー、アベレージゴルファー向けのM6ドライバーの2種類があります。

当記事で紹介するM6ドライバーは、アベレージ向けではありますが、前作と比べても、とてもやさしいモデルに仕上がっていますので、100切りを目指すゴルファーにもおすすめのモデルです。

M6ドライバーはとてもやさしい仕上がりになっている

クラウンが軽量化され超低重心・深重心でやさしい!

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

M6ドライバーのヘッドはチタンとカーボンのコンポジット構造になっています。コンポジットとは組み合わせ・合成という意味で、カーボン素材がヘッドの強度を損なわない範囲で取り入れられ、ヘッドの軽量化が図られています。

その結果、生み出された余剰重量により、ソール後方に46gの非常に大きなウェイトを配置することが可能となりました。

重心が深く、低くなることで、弾道の直進性に優れ、球が上がりやすくなっています。

ゴルフを始めたばかりの人は、とかくドライバーショットが思うように上がらず、スイングを崩しやすいので、球が上がりやすいドライバーはおすすめです。

ウェイトがヘッドの深く・低いところに集中していて、球が上がりやすく、弾道がブレにくい

ヘッド形状からも、ウェイトが搭載されているとされるソール後方の中央部分は、ソールの曲線ラインからはみ出た形になっています。低重心効果がより高まっています。

ボールのつかまりも良い

ヘッド形状はやや洋ナシ型に近いですが、ストレッチが長くなっていますので、重心が深く・ヒール寄りになっています。

実際、M6ドライバーを試打した人からは、ボールのつかまりが良いという感想が多く聞こえてきています。

前作のM4ドライバーは、ボールがつかまらず、プッシュ(右に出てしまう)しやすいと言われていましたので、初心者には難しいと言われていました。

M6ドライバーはボールのつかまりが良いので、スライスが出やすい初心者にはとても使いやすいモデルです。

初心者の敵であるスライスが、前作より格段に出にくくなっている

ツイストフェースが弾道をセンターに寄せてくれる

前作のM3、M4ドライバー、そして、今作のM5、M6ドライバーには、ツイストフェースという他メーカーにないテクノロジーが搭載されています。

フェースは通常きれいな曲面となっていますが、ツイストフェースはハイトゥ・ローヒール方向で過度に捻じれた構造となっています。

テーラーメイド社の研究・調査により、この対角線上にゴルファーの打点のブレが集中することがつきとめられ、ツイストフェースはこの方向の打点のブレに対して、弾道をセンターに寄せる効果を発揮してくれます。

ツイストフェースの構造と効果については、こちらの動画で詳しく解説されていますので、メカニズムに興味がある方はご覧になってみてください。

M6ドライバーの試打動画


同時発売のM5ドライバー、前作のM4ドライバーとの比較も交えながら、M6ドライバーについて解説されています。


M6ドライバーとM4ドライバーの違いを中心に語られています。弾道や打音についても解説されています。

M6ドライバーの評価・くちこみ

打ち出しは高く、弾道はストレート。前作「M4」に比べ、明らかにつかまりが良くなっている。さらに「M5」よりも「M6」の方が、つかまりは良さそうだ。

あえて打点をずらして打ってみた。トウ側上部で打っても強いフックが出づらく、ヒール側下部で打っても強いスライスにはなりづらい。「ツイストフェース」の効果と、慣性モーメントの大きさが、うまくマッチしているのだろう。lesson.golfdigest.co.jp/gear/special/impression/gt1000008884101.html

M6はウエイト調整機能が付いていませんが、その余剰重量をヘッド後方へ集中させ、前作のM4よりも深重心設計になっています。

実際にロフト9度のモデルを打ちましたが、高弾道・低スピン弾道が得られ、球のつかまりも前作より向上していると感じました。M4で球をつかまえきれなかった人には朗報といえ、M6は幅広い層のゴルファーが性能を享受できるクラブへ進化しています。
www.gew.co.jp/attention/impression/g_54499

実際に打ってみると、まず球の上がり方が「M5」とは別モノのイメージですね。「M5」はやや高めの中弾道イメージでしたが、「M6」は文句なしの高弾道でした!!

スピン量が少なめなのは「M5」とほぼ変わらないという、よく分からない状況です。弾道の見た目的には明らかにロースピン系の弾道だったので・・・確実にアマチュアゴルファーにととって、打ちやすさを具現化したモデルだと実感しました。
golftaiken.nikkansports.com/2019/02/17420.html

M6ドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト FUBUKI TM5 2019
長さ 45.75インチ
フレックス S/SR/R
クラブ重量 299/297/295g
シャフト重量 54/52/50g
トルク 4.6/5.0/5.2
キックポイント

 

PHYZドライバー 2019の試打・評価・口コミ・スペックまとめ

ブリヂストンから発売されているPHYZドライバー 2019について試打・評価・スペックを取り上げます。 PHYZ ドライバー 2019/ブリヂストン GDOで探す 楽天市場で探す 激安中古クラブ市場で …

ゼクシオ10ドライバーの試打・評価・口コミ・スペックまとめ

ダンロップから発売されているゼクシオ10ドライバーについて試打・評価・スペックを取り上げます。 ゼクシオ10ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す 激安中古クラブ市場で探す ゼクシオ10ドライバー …