初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング

初心者ゴルファー向けにおすすめのドライバーをランキング形式で掲載!飛距離がでるドライバー、つかまりが良いスライサー向けドライバーなど、やさしいドライバーなど、初心者向けのドライバーを紹介!

当サイトには広告が掲載されます

「 フック 」 一覧

スライス・フックで悩む方が知っておきたい!弾道別のボール選び

ドライバーの弾道を変えたい方は、スイングやゴルフクラブだけでなく、ボールを見直してみることで改善することがあります。ボールには種類があり、そして、弾道により適したボールは異なってきます。

ゴルフボールには種類がある!

ゴルフボールは実に色々な種類のものが発売されています。色が付いたもの、マークが描かれたもの、多層のピース構造をアピールしたものなど。

弾道に適したボール選びとして、ボールの種類で注目したいのは、ディスタンス系かスピン系かです。この二つは弾道に大きな違いを生み出します。

スピン系とディスタンス系

ゴルフボールは、外側のカバーが硬く内側のコアが柔らかいもの、反対に、外側のカバーが柔らかく内側のコアが硬いものがあります。最近ではその中間のものや、ピース構造の工夫により打つ強さにより効果が変わるものもありますが、大きくは前述の2種類に大別されます。

スピン系のボールは、スピンを掛けやすくなっているボールです、クラブが直接接触する外側が柔らかくなっています。ウェッジやアイアンでスピンを掛けるには、フェースの溝にボールを喰い付かせますので、ボールの接触面が柔らかい方が喰い付きが良く、スピンが掛かります。

ディスタンス系のボールは、飛距離がでやすくなっているボールで、スピンを抑え反発を高めたものが求められます。そのため、スピン系とは反対に表面が硬くなっていて、スピンが抑えられます。そして、内側が柔らかいことで、ボールがインパクトの際に変形しやすく、反発によるよく飛びやすくなっています。

スライサーの方に適したボールは、ディスタンス系

スライスで悩むゴルファーの弾道は、一般的にスピンが掛かり過ぎている傾向にあります。スライサーの弾道がふわっと吹き上がった感じが多いのも、スピン量が多いことが要因の一つとなっています。

スピンが掛かり過ぎてスライスが出ている方は、まずお使いのボールをチェックしてみてください。スピン系を使っているのであれば、ディスタンス系かその中間のボール。ディスタンス系を使っている方でも、スピンをより抑えてくれるボールに変えることで、スライスが抑えられる可能性があります。

フッカーの方に適したボールは、スピン系

スライスとは反対に、フックで悩むゴルファーの弾道は、一般的に打ち出しが低くライナーで飛んで行く傾向にあります。ボールの着地が早いため、キャリーよりもランで稼ぐタイプです。

このようなフックはスピン量が少ないのが特徴ですので、スピン量を上げることで弾道の打ち出しと直進性が高まります。

お使いのボールがディスタンス系の場合は、スピン系のボールかその中間のものに。スピン系を使っているという方でも、さらにスピンが掛かるボールがあればそちらに変えてみることで、フックが改善する可能性があります。

まとめ

ゴルフボールを購入する際、有名ブランドだから、マークダウンでお買い得だから等、ボールの特性を意識せずに購入されている方も少なくないと思います。

ゴルフボールにもゴルフクラブと同じくらい精密な構造と計算された素材選びがなされています。ゴルフボールを選ぶ際は、ご自分の弾道に合ったものかどうかの視点も取り入れてみてください。

【スライスやフックを防ぐ】ドライバーに鉛を貼って調整する方法【ルール上の注意点も解説】

ドライバーショットの大きな悩みの一つがスライス。その他にも、球が上がらない、フックが出るなど、弾道に関する悩みはつきないものです。 本記事では、弾道をクラブの側から調整する有効な方法として、鉛の活用方 …