初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング

初心者ゴルファー向けにおすすめのドライバーをランキング形式で掲載!飛距離がでるドライバー、つかまりが良いスライサー向けドライバーなど、やさしいドライバーなど、初心者向けのドライバーを紹介!

「 賞金女王 」 一覧

女子プロゴルファー賞金ランキング上位者のドライバーを調査(2022年6月版)

2022年の6月末時点で、国内女子の賞金ランキングの上位者の使用ドライバーについて調べてみました。

一般男性ゴルファーにとっては、ヘッドスピードが近いことから、男子プロゴルファーよりも女子プロゴルファーが使用するモデルを参考にされる方が少なくありません。

特にヘッドスピードなども参考にされると、より自分に適したドライバー探しに役立ちます。

*賞金ランキングの順位は、2022年6月末時点での暫定のものです。

第1位の西郷真央は、ミズノ ST-X 220ドライバー

2020年にプロ転向したばかりで、最初のシーズンは4位、そして、2シーズン目となる2022年は前半終了時点で1位につけています。

使用しているドライバーは、契約しているミズノの2022年モデル、ST-X 220ドライバーです。2022年モデルのSTシリーズドライバーは、XとZがありますが、つかまりの良いXの方を選択しています。

https://golf-club-driver.net/1542/st-x-220%e3%83%bbst-z-220%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%bb%e7%99%ba%e5%a3%b2%e6%97%a5/

第2位の山下美夢有は、スリクソンのZX7ドライバー

山下美夢有も1位の西郷真央と同じく2020年にプロ転向を果たしたばかりです。渋野日向子らの世代よりも更に若く、ミレニアム世代・プラチナ世代などと呼ばれています。

使用クラブは、契約するスリクソンのZX7ドライバーです。ZXシリーズは、ZX5とZX7の2機種ありますが、ディープで操作性の高い方のZX7ドライバーを選択しています。

第3位の稲見萌寧は、キャロウェイのMAVRIKサブゼロドライバー

昨季は見事に賞金女王に輝いた稲見萌寧、多数の契約を結んでいますが、クラブに関しては契約フリーと言われていまして、複数のメーカーのクラブを取り入れています。

ドライバーは、キャロウェイからは2020年に発売されているMAVRIKシリーズのサブゼロを使用しています。

MAVRIKサブゼロは、低スピン・強弾道でありながら、安定感も高く、上級者からの評価が高く、今尚、使い続けているゴルファーも多いドライバーです。

第4位の西村優菜は、キャロウェイのEPIC SPEEDドライバー

2019年にプロに転向し、2シーズン目となる昨季は賞金ランキング5位につけました。今年も前半終了時点で4位につけていて、安定したゴルフを続けています。

使用クラブは、契約するキャロウェイのクラブを一式使っていまして、ドライバーは2021年のEPIC SPEEDドライバーです。

第5位の木村彩子は、ミズノ ST-Xドライバー

2015年のプロ転向から、これまで30位以内でシーズンを終了したことがありませんでしたが、2022年は前半終了時点で5位につけています。獲得賞金は既に7000万円を超えていますので、シーズン終了時点で初のトップ10は、かなり余裕な位置につけています。

使用するドライバーは、西村優菜と同じく契約するEPIC SPEEDドライバーです。一時期、2022年モデルのローグSTのプロトタイプモデルを手にしたこともありました。

まとめ

女子プロゴルファーの上位5名の使用ドライバーを取り上げました。

クラブの特徴で見ると、4名は操作性が高いモデルで、1名はドローモデルでして、寛容性が高いモデルが多かった昨年とは真反対の結果となりました。

女子プロゴルファーでも男子と同様にハードなモデルを取り入れる傾向にシフトしてきた可能性があります。

 

女子プロゴルファー賞金ランキング上位者のドライバーを調査(2021年6月版)

2021年の6月中旬時点で、国内女子の賞金ランキングの上位者の使用ドライバーについて調べてみました。 アマチュアの男性にとっては、男子プロゴルファーが使用するモデルはハード過ぎるものが多いですが、女子 …