初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング

初心者ゴルファー向けにおすすめのドライバーをランキング形式で掲載!飛距離がでるドライバー、つかまりが良いスライサー向けドライバーなど、やさしいドライバーなど、初心者向けのドライバーを紹介!

「 賞金王 」 一覧

男子プロゴルファー賞金ランキング上位者のドライバーを調査(2022年6月版)

2022年の6月末時点で、国内男子の賞金ランキングの上位者の使用ドライバーについて調べてみました。

男子トッププロが使用しているドライバーは、中・上級者を中心に関心が集まります。

特にハードヒッターの方にとっては、ヘッドスピードが近いプロが使うモデルを参考にすることで、より自分に適したドライバー探しに役立ちます。

*賞金ランキングの順位は、2022年6月末時点での暫定のものです。

第1位の比嘉一貴は、ブリヂストン B1ドライバー プロトタイプ

身長158cmという小柄ながら、今期は前半折り返し時点で1位に着けていて、初のトップ10はおろか、賞金王を狙える最有力候補となっています。

使用しているドライバーは、契約しているブリヂストンのB1ドライバーのプロトタイプモデルです。

Bシリーズは、B1、B2、B3がある中で、B1ドライバーは小ぶりで操作性と低スピン性能に優れたハードヒッター向けのドライバーです。

第2位の桂川有人は、スリクソンのZ785ドライバー

昨季の87位から大幅に躍進し、今期は6月末時点で2位に着けています。2020年にプロに転向したばかりで、若手の有望株の一人です。

使用クラブは、契約するスリクソンのモデルですが、現行のZXシリーズより一つ前のZ85シリーズのモデルで、ディープなZ785ドライバーです。

第3位の星野陸也は、スリクソンのZX5ドライバー

昨季は5位に入り、今期も6月終了時点で3位に着けていて、上位者の常連とも言える存在になってきました。

使用クラブは、契約するスリクソンのZXシリーズのモデルで、寛容性と直進性に優れたZX5ドライバーを選択しています。

スリクソンと契約している男子プロの中では、基本的に殆どのプロがZX7ドライバーを選択していますので、ZX5というのは現時点で恐らくただ一人です。

ZX5ドライバーのスペック・シャフト・発売日・発売価格

第4位の今平周吾は、ヤマハのRMX 116ドライバー

2018年・2019年の2年連続の賞金王。昨季は9位と少し順位を落としましたが、今期はここまで再び賞金王を狙える位置につけています。

使用クラブは、恐らくご存知の方も多いと思いますが、今尚、RMX116ドライバーを使い続けています。

ヤマハからはこれまでRMX118、RMX120、RMX VDといったニューモデルが出ていますが、2016年のRMXを愛用されています。

第5位の稲森佑貴は、スリクソン ZX7ドライバー

2018年に3位、昨季は6位に入り、今期はトップ10への定着が図れそうな位置に着けています。

使用するドライバーは、契約するスリクソンのZXシリーズのディープな方のモデル、ZX7ドライバーです。

まとめ

国内男子プロゴルファーの上位5名の使用ドライバーを取り上げました。

クラブの特徴で見ると、4名は操作性が高いディープなモデルで、1名は直進性を重視したシャローなモデルを選択しています。

スリクソン契約プロが3名いることもあってか、全て国内モデルという結果になっています。