初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング

初心者ゴルファー向けにおすすめのドライバーをランキング形式で掲載!飛距離がでるドライバー、つかまりが良いスライサー向けドライバーなど、やさしいドライバーなど、初心者向けのドライバーを紹介!

当サイトには広告が掲載されます

「 2010 」 一覧

VG3ドライバー 2010(初代)の試打・口コミ・評価まとめ

タイトリストのVG3ドライバーの初代モデル(2010年)について、口コミ・評価をまとめました。

VG3ドライバ― 初代(2010)の特徴

VG3シリーズの初代モデル

VG3シリーズは、2010年に最初のモデルがリリースされています。9系、TS系などのワールドモデルとは別に、VG3は日本市場向けに展開されているシリーズです。

タイトリストのゴルフクラブという、ツアープロの要望を取り入れてアスリート向けに開発されていて、上級者向けという印象があると思います。

VG3シリーズは、日本市場向けで、アベレージゴルファーが扱いやすいゴルフクラブとなっています。

ロフト別重心設計

出典:https://www.titleist.co.jp/htm/drivers/vg3_first.shtml

VG3ドライバーでは、ソール部に配した2枚のウェイトプレートを調整することで、ロフト角によって重心位置が最適配置に設定されています。

ロフトが立っているほど、浅くヒール寄りになっていて、9°、10°、11°の各ロフトで効果的なつかまりが実現されています。

実際に、同じゴルフクラブでもロフト角が異なるとボールのつかまりが変わるという経験がある方もいると思います。この点からも、ロフト角別に重心を変えることは、理に適っていると言えます。

スイートエリアがリアル打点と一致

出典:https://www.titleist.co.jp/htm/drivers/vg3_first.shtml

日本人ゴルファーの打点を分析すると、ローヒールに打点が集中することが分かるそうです。

この傾向に対応する形で、VG3ドライバーのスイートエリアはローヒール方向に向かって大きく取られています。

これにより、実際の打点とスイートエリアが一致し、ボールのつかまり効果がさらに上がっています。

シャフトラインナップ

タイトリスト VG50

  • 長さ:46インチ
  • スイングウェイト:D1
  • キックポイント:先中調子
  • シャフト重量:50g(R)/52g(SR)/54g(S)
  • クラブ重量:297g(R)/298g(SR)/300g(S)
  • トルク:4.6度(R)/4.4度(SR)/4.3度(S)

タイトリスト VG60

  • 長さ:45.5インチ
  • スイングウェイト:D1
  • キックポイント:中調子
  • シャフト重量:60g(R)/62g(SR)/64g(S)
  • クラブ重量:305g(R)/307g(SR)/309g(S)
  • トルク:3.5度(R)/3.3度(SR)/3.2度(S)

タイトリスト・モトーレ 5.0

  • 長さ:46インチ
  • スイングウェイト:D1
  • キックポイント:中調子
  • シャフト重量:51g(R)/53g(SR)/55g(S)
  • クラブ重量:300g(R)/301g(SR)/303g(S)
  • トルク:4.3度(R)/4.1度(SR)/3.9度(S)

VG3ドライバー 初代(2010)の試打・評価・口コミ

弾道は中弾道です。

スピン量もやや少なめの強弾道イメージです

スピン量が少なめの効果なのか、とにかく変な曲がりが無いです

引用:ゴルフ体験主義

メーカーの開発コンセプトでは、日本人ゴルファーの打点を分析してヒールの下寄りにスイートエリアを広げたらしいけど、その効果が感じられた。よく飛ぶし、ヘッドスピード38-43m/sのゴルファーに最適なモデルなんじゃないかな。

引用:GDO

評判通り玉はすごく捕まります。

方向性が良くまっすぐに飛びます。ただ、インテンショナルなショットは、打ち辛いと思います。まっすぐに飛ばすクラブです。

引用:激安中古クラブ市場

新・ゼクシオ ドライバー 6代目(2010) 評価・スペック

新・ゼクシオ ドライバー 6代目(2010)の特徴 打ち出し角を高くする深重心設計ヘッド 打ち出し角を高くする新・ゼクシオ専用設計「MP600カーボンシャフト」 さらに広くなった反発エリアで初速ロスを …