初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング

初心者ゴルファー向けにおすすめのドライバーをランキング形式で掲載!飛距離がでるドライバー、つかまりが良いスライサー向けドライバーなど、やさしいドライバーなど、初心者向けのドライバーを紹介!

キャロウェイ ドライバー

キャロウェイ ROGUE STのドライバーが適合リストに掲載!

投稿日:

キャロウェイのROGUE STのドライバーが、USGA、R&Aのドライバー適合リストに掲載されました。

キャロウェイの2022年モデルと噂されていたものが、遂に公けの情報として出てきました。

ROGUE STシリーズのドライバー

2022年の1月3日時点で、計12種のドライバーがUSGA、R&Aの適合リストに掲載されました。

大量に掲載されるのはキャロウェイならではです。

12種類ありますが、これはヘッドの種類の数を表しているわけではありません。

(LH)と記されているものは、ヘッドが反対向きになっていることからも分かるように、左利きのゴルファー向けのレフティーモデルです。

さらに、テーラーメイドやPINGと違って、基本的に市販がなされない契約プロ向けのモデルと思われるものも含まれています。

12種の内、5種はLH(レフティーモデル)となりますので、ヘッドの種類としては7種類となります。

そして、◆(ダイヤモンド)が小さく描かれているモデルが3種類ありまして、これらは恐らくツアープロ向けの専用モデルになると思います。

そう考えると、一般ゴルファー向けに発売されるモデルとしては、下記の4種類ということになりそうです。

  • ROGUE ST MAXドライバー
  • ROGUE ST MAX Dドライバー
  • ROGUE ST MAX FASTドライバー
  • ROGUE ST MAX LSドライバー

この4機種について、詳しく見ていきましょう。

ROGUE ST MAXドライバー

ROGUE STのMAXタイプ、つまり、慣性モーメントが大きく、直進性・球の上がりやすさに優れたドライバーということになると思います。

EPIC 2021年モデルは、SPEEDとMAXに二分されていましたが、今回のROGUE STでは、現時点ではSPEEDと名のつくモデルは登場していません。

一つ気になるモデルとしては、ROGUE ST Sというモデルが◆付きの方にありますので、こちらがSPEEDタイプの可能性はあるかもしれません。

ただ、PINGのG425では、MAXがスタンダードモデルとなったことを考えると、キャロウェイでもROGUE ST MAXがスタンダードモデルということも有り得そうです。

ロフト角は、9、10.5、12°の3種類で、外部ウェイトは無いようです。

ROGUE ST MAX Dドライバー

こちらは先ほどのROGUE ST MAXドライバーのドローバイアスモデルのようです。

ウェイトがヒール寄りに一つ搭載されていますので、重心角が大きく、重心距離が短くなっていて、ヘッドの返しがしやすくなる効果があります。

ロフト角はROGUE ST MAXドライバーと同じく、9、10.5、12°の3種類です。

「D(ドロー)」と銘打ったモデルは、テーラーメイドではお馴染みで、日本でもとても人気があります。そういう意味では、こちらのモデルは日本のゴルファーの間でもとても注目されるモデル、特にアベレージゴルファーの中では最も人気が集まるモデルとなるかもしれません。

ROGUE ST MAX FASTドライバー

こちらはROGUE ST MAX FASTドライバーです。MAX FASTシリーズは、一昨年(2020年)のMAVRIK、昨年(2021年)のEPICでもリリースされていまして、簡単に言えばMAXタイプの軽量版です。

ROGUE ST MAXドライバーを、つかまり、球の上がりやすさといった優しさ要素を強調して、軽量化により楽に振れるモデルということになると思います。

フェース・ソールに光沢感がありますので、ホワイトPVD仕上げが採用されているようです。

ロフト角は、9.5、10.5、11.5、12°の4種類と豊富です。

ROGUE ST MAX LSドライバー

こちらはROGUE MAX LSドライバーです。先に紹介した3機種は、徐々にやさしいモデルとなっていますが、こちらは恐らく最もハードなモデルです。

MAX LSは、昨年のEPICシリーズでも発売されていて、MAXでありながらLS(低スピン)のドライバーです。

以前までサブゼロを使っていたような方、低スピンを好むハードヒッターが対象ゴルファーに含まれますが、MAXであるが故に寛容性が高いため、操作性を重視する方は、思うような弾道を出しづらいかもしれません。

ロフト角は、9、10.5°の2種類です。

まとめ

キャロウェイの2022年モデル、ROGUE STシリーズのドライバーについて、適合リストに掲載された内容をもとに取り上げました。

現時点では、市販されるモデルは4機種と思われますが、今後、新たなモデルが追加される可能性は、特にキャロウェイの場合、十分にあります。

-キャロウェイ, ドライバー
-, , ,

関連記事

TOUR B JGR ドライバー 2019の試打動画・評価

ブリヂストンから2019年後期に発売のTOUR B JGRドライバーについて、試打・評価をまとめました。 TOUR B JGRドライバー 2020/ブリヂストン GDOで探す 楽天市場で探す 激安中古 …

EPICとMAVRIKのMAX FASTドライバーを打ち比べした結果が興味深い件!

キャロウェイのドライバーは、2020年のMAVRIK、2021年のEPICシリーズで、どちらもMAX FASTタイプが発売されています。 どちらもシャローヘッドで軽量モデル、つかまりが良く球が上りやす …

SIMグローレ ドライバーの試打動画・評価

テーラーメイドのSIMとグローレの融合モデルであるSIM グローレ。 Mグローレの後継に当たり、アジア市場向けの軽量モデルのため、日本では注目度が高いドライバーです。 「SIMの要素がどのように取り込 …

SIMグローレ ドライバーの口コミ・評価をまとめました

テーラーメイドから発売のSIMグローレドライバー。 SIMシリーズとグローレシリーズの融合モデルで、アジア市場向けのグローレにSIMの要素が搭載され、Mグローレの後継モデルとしても注目度の高いドライバ …

最新のGGスイングを片山晋呉が横田真一に解説した動画が100万回再生突破!

ゴルフ界で話題の「GGスイング」。 最新の物理学を使ったスイングということで、色々な方が色々な解説をされています。 中でも片山晋呉プロが横田真一プロに解説しているyoutube動画は100万回生を突破 …