初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング

初心者ゴルファー向けにおすすめのドライバーをランキング形式で掲載!飛距離がでるドライバー、つかまりが良いスライサー向けドライバーなど、やさしいドライバーなど、初心者向けのドライバーを紹介!

PING ドライバー

PING G425 MAX・LST・SFT ドライバーを確認!

投稿日:2020-08-25 更新日:

PINGの新作と思われるG425ドライバーが適合リストに掲載されました。

G410の発売から1年ですが、早くも後継モデルが発売となるようです。

https://golf-club-driver.net/1045/g425-max-%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%82%92%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/

G410の後継はG425?

出典:R&A 公式サイト

ドライバーの適合リストに、PINGから新たなモデルが掲載されています。

現在、確認されているのは、以下の3種類のドライバーです。

  • G425 MAXドライバー
  • G425 LSTドライバー
  • G425 SFTドライバー

ゴルフ関係者の仲間内では、G420が出るのではないか?G410 MAXドライバーが遂に出るのか?といった話が出ていました。

市場の動きから、何らかのニューモデルが出ることは間違いないと思われていたものの、新作についてはいくつか予想外の内容となっています。

G420ではなく、G425?

Gシリーズドライバーは、実に不思議な名付けをこれまで重ねてきています。G2、G5、G10、G15・・・G30、G、G400といった具合です。

G400の次はG410となりましたので、次はG420と思いきやG425。

この辺りの事情が分かりましたら、こちらに反映します。

G425 PLUSドライバーは無い?

PINGのG410では、G410 PLUSドライバーが爆発的なヒットとなりました。

個人的には、もう1年、G410で引っ張って、「G410 MAX」を発売すれば、バカ売れ間違いないと思っていましたし、その戦略を落ち着いて進めていると思っていました。

しかし、PINGは攻めの姿勢を崩さず、G410に固執せず、新たなG425の投入です。

ここで、先程のラインナップを見てみると、スタンダードタイプのモデルが無いことに気付きます。

スタンダード・LST・SFTの3種類のヘッドラインナップを敷いてきたのは、2014年のG30からで、その後、G、G400、G410とこのスタイルが続いています。

しかし、今回のG425では、MAX、LST、SFTの3種類で、G425ドライバー、G425 PLUSドライバーといったスタンダードを思わせるものがありません。

スタンダードモデルは、開発の土台、つまり、LSTやSFTを作る上でプレーンで中心的な位置づけと思われますので、存在しないのは何とも不自然です。

そう考えると、G425 MAXドライバーはスタンダードモデルとして位置づけられている可能性がありそうです。

ただ、ツアープロが「MAX」と名の付いたモデルを手にするところを想像すると、その可能性はやや低いのかもしれません。

G425 MAX・LST・SFTドライバーの特徴

G425 MAX・LST・SFTドライバーについて、適合リストの掲載情報から特徴が見えてきます。

PINGからの公式情報ではありませんので、推測を含みます。

可変スリーブを搭載

出典:R&A 公式サイト

シャフトの刺し込み口の裏側には、カチャカチャ式特有のトルクレンチを刺し込むポートが搭載されています。

ネックには調整を合わせる矢印マークもありますので、可変スリーブは搭載されるようです。

MAX、LSTは移動可能、SFTは固定式のウェイト

出典:R&A 公式サイト

G425 MAXドライバーとG425 LSTドライバーは、ヘッドの一番深い部分にTUNGSTENと記載されたウェイトが装着されています。

そして、左右にドロー・フェードの文字も確認できますので、ウェイを移動させて弾道を調整する機能は搭載されているようです。

ただし、G410のように3ヶ所に設置可能なタイプか、キャロウェイやテーラーメイドのようにスライダー式の調整自由度の高いタイプかは現時点では分かりません。

出典:R&A 公式サイト

なお、G425 SFTドライバーは、同じくウェイトがありますが、ヒール側に固定装着されているようです。と言いますのも、G410 SFTと同様にフェード・ドローの文字がないため、調整機能は無いようです。

ロフト角

モデル 10.5° 12°
G425 MAX
G425 LST
G425 SFT

G425 MAXドライバーは、ロフト角が3段階あります。

反対にG425 SFTドライバーは、10.5°のみとなりますので、従来通り、ややスライスが出やすく、球を上げたい方にフォーカスしたドライバーとなりそうです。

ちなみに、このロフト角のラインナップは、G410のPLUS、LST、SFTと同じです。

まとめ

PINGの新作と思われるG425について取り上げました。

ニューモデルはSNSでWITBで一早く存在が確認されることが多いのですが、コロナ禍の影響もあってか、まだ実物を捉えた映像は無いようです。

-PING, ドライバー
-, , ,

関連記事

EPIC FLASHスタードライバーの試打・評価・口コミ・スペックまとめ

キャロウェイから発売されているEPIC FLASHスタードライバーについて試打・評価・口コミ・スペックを取り上げます。 EPIC FLASHスタードライバー GDOで探す 楽天市場で探す 激安中古クラ …

ZX5ドライバーの口コミ・評価をまとめました

スリクソンから発売のZX5ドライバーについて、口コミ・評価をまとめました。 ZX5ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す 激安中古クラブ市場で探す ZX5ドライバー スリクソンのZシリーズからは、Z …

コブラからKING SZ スピードゾーン ドライバーが発売される!

コブラの2020年モデルとして、KING SPEEDZONE ドライバーが発売されるようです。 数日前からニューモデルに関する情報がSNSで出回っていましたが、USのコブラからも新たなドライバーの情報 …

高弾道のドライバー おすすめランキング!調整機能付き、球が上がらない人向け

ドライバーショットで球が上がりにくい人向けに、打ち出しが高く、高弾道で飛ばせるドライバーを紹介します。 対象ゴルファーは初心者や100切りを目指すアベレージゴルファーとなりますので、やさしいモデルを取 …

スライサーはシャフトのキックポイントを重視すべき理由

アマチュアゴルファーの大半がスライサーだと言われています。 スライサーの方がドライバーを選ぶ際に、ヘッドの特徴に注目される方が多い印象を受けますが、シャフトについても自分のスイングに合ったものを選んだ …